2018年10月にMakeblockの活用情報サイトを開設して以来、様々なMakeblock社のSTEAM教材mBot/Codey Rocky/Halocode etc..の活用情報をアップしてきました。
 実に孤独で楽しい作業でしたが、そろそろ、リアルなユーザーの輪を作りたいという事で、不定期ですが、Makeblockユーザーストーリーという連載企画を始めようと思います。

 簡単に言えば、Makeblockを使ってプログラミング教室をしている人とか、Makeblockを楽しんでいる個人ユーザーとか、Makeblockを活用してなんか事業をしている方々をご紹介する企画です。

 という事で、記念すべき第一回目は、東京は門前仲町にある「FlyNexia」です。

英語とプログラミングを同時に学べるグローバルスクール「FlyNexia」

 FlyNexiaは、海外留学の疑似体験が可能な空間で、英語とプログラミングを同時に学べる新しいスタイルのグローバルスクールで、小学校が終わった放課後の時間に、子供たちにグローバルスキルを身に着けてもらいたいという代表の岡山媛媛さんの想いで、2018年に開校しました。

FlyNexia_画像5

 代表の岡山さんは、元々ご自身も2人の小学生のお子さんをお持ち、かつ、バリバリに活躍する多忙なキャリアウーマンでした。そんな働きながら子育てをする親の立場から、こういうアフタースクールがあったらいいなという観点で、様々なきめの細かいこだわりサービスでスクール運営されています。
 実際、ご自身で求めるアフタースクールが無くて、自分で作ろうとと思われたそうです。アクティブですねー。

FlyNexia_内観_画像2

 FlyNexiaは、日本にいながらにして海外留学を模擬体験する空間を提供し、未来を想像し「創造」する、ワクワクする「学び」をプロデュースしていくというスタンスで、↑の画像のように洋風のレンガ作りをイメージの内装にしています。
 一般的な「教室」ではなく「海外を感じるワクワクする空間」で、子供たちのモチベーションを高める狙いもあるそうです。

 FlyNexiaが考えるグローバルスキルとは、ずばり、「英語」と「プログラミング」。この「英語」と「プログラミング」の同時学習カリキュラムを提供していきながら、将来どんな職業においても普遍的に必要とされる、論理的思考力 問題解決能力 創造性を養い、子供たちの将来の可能性(選択肢)を広げてもらおうとしています。

FlyNexiaのプログラミングコースは 成長段階に合わせた楽しさを感じやすいカリキュラム

 FlyNexiaの最も大きな特徴は、 English Only Policyで、教室内は、日本語一切禁止のオール・イングリッシュの環境を提供することです。それに加えて、週2回、プログラミングコースを提供していて、こちらは、日本語で運営されています。
 コースは、Scratchを使ってのWEBゲームを作成したりするものから、小学校高学年向けでは、Pythonを使った上級コースまで、成長段階に合わせたカリキュラムを用意されているそうです。

 講師は、WEB製作や運営などを手掛けるグラフィックデザイナーであり、現役のWEBエンジニアでもある桜田さん。お子さんたちには「SAKU」と呼ばれて親しまれています。

FlyNexia_桜田さん_画像

 今回お邪魔したクラスでは、初めてCodeyRockyを使うという事で、お子さんたちが、初めてでどこまでCodeyRockyを動かせるのか、興味津々です。

 FlyNexia_クラス風景1まずは、CodeyRockyで、どんなことが出来るかを、動画や桜田さんがデモして見せたりして、お子さんたちに伝えます。デモを見ている最中でも、あるお子さんは、早速、Codeyをプログラムし始めていました(笑) 。後でお話を伺ったところ、こちらのクラスは、元々、Scratchでビジュアルプログラミングを経験もしていて、mBotも使ったことがあるそうです。

なるほど、それであれば、初めて見たCodeyRockyでも、mBlock5でプログラムするのは出来ちゃいますね。

FlyNexia_クラス風景2

一通りできる事のイメージを伝えた後は、早速Codeyの表情を変えるプログラムに挑戦。講師の桜田さんが提示したサンプルプログラムは、すぐにクリアしてしまい、そのうち、生徒さんがそれぞれ自発的に様々な表情を作るようになっていきました。

 ある生徒さんは、mBlock5の拡張機能を見つけて、それを使って、自分で考えたプログラムを試していました。

FlyNexia_クラス風景3

 代表の岡山さんは、PCだけのビジュアルプログラミングも十分学びになるが、やはり、ロボットを使い、現実の動くモノをプログラムするというのは、IoT時代で成長していく子供にとって、貴重な学びになるとおっしゃっていました。昨年のハロウィンパーティーでは、保護者さん方に、実際に子供たちがプログラムしたmBotで、曲の演奏を披露して、保護者さんに大好評だったそうです。
こちらが、その演奏の様子です(当日動画が撮れなかったので、後日通常クラス後に撮ったそうです)。

 

 講師の桜田さんに、なぜ、教材にMakeblockを選んだのかという事を質問してみたところ、まずは、手頃な値段という事もあったのですが、Scratchとの親和性が高く、簡単だけど、拡張性が高いので色々なカリキュラムを組むことが出来るという点が良かったとのことです。
 また、Makeblockの特徴である、ロボコンの世界大会MakeXが開催されているという点も、学んでいくうえで、子供たちの目標・モチベーションに繋がるという事で、好感が持てたとのことです。 
 今後は、CodeyRockyを使って、正多角形を描かせるクラスなども準備していきたいそうです。

 FlyNexia_内観_画像3

 FlyNexiaに訪問し、働く親御さんの想いを形にしようとする岡山さんの熱心な姿と、ロボットプログラミングを通じて、様々な体験をしてもらおうとする講師の桜田さんに触れ、子供たちへの深い愛情を感じる時間になりました。ありがとうございました!!