mBotの弱点は、ディスプレイが無い事?

mBotやMakeBlockは、これから、プログラムを始める人や、電子工作をする際の半田付けのハードルをなくすなど、学習しやすい教育ツールです。プログラミングもスクラッチベースのmBlockでビジュアルプログラミングできるので、非常に分かりやすいです。

親の立場から見て、ビジュアルプログラミング、ロボットプログラミング、STEM教育などの文脈で、自分の子供にどのロボットプログラミングツールを学ばせるのがよいか考える時に、mBotとの比較対象に、レゴ社のマインドストームがあがると思います。

マインドストームは、提供されるセットパッケージの中で、かなり高度なプログラミング学習も対応できます。金額的には高価ですが、追加の部品などを購入しなくても、全てがその基本セット(+拡張セット)の中で完結できます。スマホで言う所のiphoneみたいな感じです。

それに対して、MakeBlockのmBotは、基本セットだけでもかなりのプログラミング学習は可能ですが、マインドストームと比べると、拡張パーツを自分(または親が)で考えて購入したりしながら、学習を進めていく必要が有ります。mBotはスマホで言う所のAndroidのように、自分で色々カスタマイズできる楽しさはあります。

マインドストームの基本セットにあって、mBotの基本に無いものとして、例えば、ディスプレイが挙げられます。

マインドスト-ムの基本セットとmBotの基本セットの違いには、ディスプレイの有無が挙げられます。この画像はその比較です。

 

ディスプレイがあると、例えば、顔を表示したりといった事も出来ますし、今どのプログラムモードなのかを表示するなんてことだってできます。データのアウトプットの拡張性が大幅に広がりますので、mBotの基本セットにそれが無いのは、残念ですね。まあ、値段がマインドストームの5分の1なので、比較するのも酷ですが(笑)

mBotにLEDマトリクスを取り付け弱点克服!

さて、そんなmBotですが、マインドストームに比べると、かなりの拡張パーツが用意されているので、弱点も簡単に克服可能です。マインドストームでは出来ない事もできますよー。

mBotにディスプレイ機能を拡張させるには、MakeBlock社から発売されているLEDマトリクスか、7セグメントディスプレイかLCDディスプレイが上げられます(もちろんAruduino基板なので、Makeblock社じゃなくても、対応するモジュールを買って来れば出来ますが)。

mBotにディスプレイを取り付けるには、LEDマトリクスや7セグメントディスプレイやTFT LCDスクリーンなどの拡張パーツを追加購入します。これは拡張ディスプレイの3つの比較画像です。

TFT LCDディスプレイが一番欲しかったのですが、どうやら、入手が結構困難な感じがしたので、アマゾンや楽天などで一番簡単に入手出来るLEDマトリクスを使ってみたいと思います。

mBot用のLEDマトリクスとは?

mBot用(mBot RangerやUltimate2.0でも可能) LEDマトリックスは、16×8のマトリックス上に並べられた128個の青色LEDがあります。 単純なアニメーションで、ロボット感情を表示したり、簡単なアルファベット表現をする事が可能です。もちろんプログラムはmBlockを使って簡単に出来ます。

LEDマトリクスのパッケージ内容とmBotに取り付ける為の準備を説明した画像です。

LEDマトリクスのパッケージ内容とmBotへ取り付ける準備

さて、このLEDマトリクスですが、プレートの下の部分に穴が開いているので、mBotやMakeblockの機構部品に簡単にねじ止めする事が出来ます。

mBot機構部品の画像

サーボ拡張パックについていた機構部品を使ってみる

mBotへの取り付け方は、色々な方法があります。前の部分の超音波センサーを外してLEDマトリクスにする事も出来ますし、私のような無粋な性格だと、接着テープで適当に留めてしまっても構わないかなと思ったりしますが、今回は、拡張サーボパックについていた機構部品↑を使ってmBotに取り付けました。

 

LEDマトリクスは、青色のデュアルデジタルインターフェースなので、mBotの制御基板mCoreのどのポートに挿しても大丈夫です。今回は1番のポートが余っていたので、そこに接続しました。こういう感じで、mBotに拡張パーツを自分の好きな位置につけるというだけでも、オリジナル感が出て、かなりテンション上がりますな。

LEDマトリクスを使ったプログラミングやってみよう!

さて、LEDマトリクスを使って、いよいよプログラミングをしてみましょう。mBlockには、LEDマトリクス用のブロックが4つ用意されています。

mBlockに用意されているLEDマトリクス用のブロックは4つです。これは、その画像です。

 

文字は、ひらがなとかできたらよかったですが、残念ながらアルファベットだけのサポートのようです。絵を表示するのブロックを左クリックすると、↓のようなフェイスパネルウィンドウが出てきます。

mBlockのディスプレイ制御ブロックの中で、絵を表示するブロックを左クリックするとこの画像のようなフェイスパネルウィンドウが出てきます。

 

今回は、文字を表示するブロックを使って、町にある看板広告みたいに字が右から左に流れていくというプログラムをつくってみました。

 

LEDマトリクスを使えば、例えば、これまで、mBlockのパンダに言わせていたセンサーの値を、LED表示させることも出来ますので、インプットーアウトプットの概念を学ぶのに、mBotで全て賄えることができます。これで、マインドストームにも負けないディスプレイ付きmBotが完成しました!LEDマトリクスは1200円くらいで、アマゾンとかで買えますよー。

※2019年1月21日追記

↑のモデルですと、mBot本体にないパーツとして、LEDマトリクスとLEDマトリクスを取り付ける金属パーツを購入する必要があります。金属パーツは、mBot機能拡張アドオンパック「サーボパック」に入っているもので対応できます。ただ、金属パーツを買うのがもったいないという方は、↓のような取り付け方であれば、金属パーツ不要になります。ご参考まで。尚、LEDマトリクスと半透明カバープレートは↑とは逆方向の取り付けにする必要があります。

mBot LEDマトリクス前方取り付け画像

この取り付け方法だと、mBot+LEDマトリクスだけでOKになる。あ、超音波センサーとラインフォロワーセンサーをそのまま使いたい場合は、LEDマトリクス用にもう一本RJ25ケーブルもいるかも。。