mBotを自由に走らせてみよう

このページでは、mBotを走らせるプログラムに挑戦します。
mBotの設定やmBlockのプログラミングの基本的な部分は、以下のページをご参照下さい。

準備その1 mBotの組み立てからPC接続まで
準備その2 ファームウェア更新からログイン設定
基本1 mBotのLEDを光らせてみよう
基本2 mBotのブザーを鳴らせてみよう

mBotを組み立てたとき、DCモーターを、タイヤの軸につなげました。mBotを動かすときは、このタイヤにつながったDCモーターの回転する速さや、回転する時間をプログラムします。

mBot_DCギヤモーター取り付け場所の画像

mBotのDCモーターは、6V/200RPMという性能です。

これは。6V(単三乾電池4本)を使って電流を流したとき、1分間に200回)転するという意味です。RPMの数字が大きいと、それだけモーターのパワーが強いということになります。モータ-の種類には、DCモーター以外にも、色々あります。ロボットプログラミングでよく使うモーターは、主に、2つです。

■DCモーター
・スピードと前回転、逆回転の設定が出来る

■サーボモーター
・モーターの角度を制御する事が出来る。ただ回るのではなく、止めたい角度で止めるようにすることが可能です。サーボモーターは、人型のロボットの関節部分などに組み込まれたりしています。

Makeblock 9g-micro-servo-pack 画像

Makebloxk社製 サーボモータ

因みに、mBotには、基本キットの拡張パックとして、サーボモータパックがあります。そちらのレビューもご参考下さい。
mBot 機能拡張パックレビュー サーボパック編

説明の際の使用環境

・mBot_v1.1 日本国内正規品 Bluetooth版 購入時期は2019年8月
(新型Bluetoothモジュール)
・mBlock_v5.1 (ローカル版)
・オンラインのファームウェアバージョン_06.01.107
・Windows10
・アップロードモードオフ(USBケーブルが邪魔な場合は、PC内蔵Bluetoothか、Makeblock社のBluetooth変換のUSBドングルで接続をお勧めします)

mBotプログラミング④ mBotを動かしてみよう

mBotを動かすには、「動き」パレットにあるブロックを使います。まずは、どのブロック実行する、mBotがどんな動きをするかを、確認しましょう。

■速やさと時間を設定できるブロック

例)前向きに50%の速さで、1秒動かす

mBlock5_mBotを前向きに1秒動かすスクリプト画像

mBotが「前向きに1秒」走行できたら、

「動き」ブロックパレットの中にある、
「後向き」「左向き」「右向き」ブロックを使って、mBotがどんな動きをするか、確認してみましょう。mBlock5_動きブロック3種類画像

前・後・左・右の動きが確認できたら、「●●秒動かす」の、時間(秒))の部分を、2秒や3秒に変えて試してみましょう。時間でmBotの走行距離を変えることが確認できたら、今度は、「〇〇%の速さ」の部分の数字を変えて、mBotの動作を確認してみましょう。数字が大きいほど、mBotが速く走行し、小さいと、遅く走行します。

mBlock5_動きブロックの速さと時間を変更する画像

■時間を指定しないブロック

これから、学習が進むと、時間を指定しないプログラムを作りたくなるはずです。その場合は、下のブロックを使うと、ずっと、動き続けます。

mBlock5_時間を指定しない動きブロック画像

うえのブロックを使ったプログラムで、動きを止めたり、時間を指定したりするには、どうしたらよいでしょうか?

その場合は、動きブロックパレットにある、「動きを止める」 と、制御ブロックパレットにある「〇〇秒待つ」を使います。

mBlock5_動きを止める・1秒待つブロック画像

例えば、前向きに、1秒動かす場合、は下のようなプログラムになり、ブロックと同じ動き方になります。

mBlock5_前向きに1秒動かすのスクリプト2通り例の画像

■左と右のタイヤの速さを変えるブロック

これまで見てきたのは、左右のタイヤが両方、同じ速さで動くブロックでした。

「動き」ブロックパレットには、もう一つ、左右のタイヤの速さを変えるブロックがあります。

mBlock5_左右のタイヤの速さを変えるブロック

例えば、上のブロックの右のタイヤの速さを、早くしてみるとどうなるでしょうか?

mBlock5_左右のタイヤの速さを5:7に変えるブロック画像

確認すると、左方向へカーブすることが分かるでしょう。

また、どちらかのタイヤの速さを「-」にすると、タイヤが逆回転し、mBotがスピン(その場で回転)します。これは、右向きあるいは左向きに動かすブロックと同じ動きになります。

mBlock5_タイヤが逆回転するブロック

尚、負の数は、中学校で習いますので、小学生には、難しいかも知れません。ロボットプログラミングの最初の段階で、負の数が理解できていなくても、先に進めますので、ここでは、「-」を入れると、「タイヤが逆回転する」という程度の理解で構いません。

                             

ここがポイント 正解はひとつとは限らない

 このSTEPで学んだように、ロボットに思った動きをさせたい場合、それを実現するプログラムは、一つじゃありません。
 学校のテストでは、一つの正解が何かを考えますが、ロボットプログラムでは、自分が思ったように動けば、そのプログラムが正解です。
 色々なプログラムの方法を考えながら楽しんで学びましょう。

ティンカリング ~色々mBotを動かしてみよう~

・前向きに3秒動かす→後ろ向きに1秒動かす

・前向きに2秒動かす→右向きに1秒動かす

・前向きに1秒動かす→右向きに1秒動かす」を4回繰り返す

・STEP2で作ったきらきら星を演奏させながら、メロディに合わせて、mBotにダンスさせてみる

・四角く走らせてみる