親子で熱中する体験を、ロボットプログラミング教室を通じて、ご提供します。

 

開催概要 : 目的は、「親子の熱中体験を提供する事です」

なぜこの講座をやっているのか?
この講座の目的は、休日にロボットプログラミングに親子で取り組むことで、親御さんとお子さんが共に試行錯誤し、熱中する時間を提供することです。

共働きの家庭も増え、父親・母親ともに仕事や家事、子育てで忙しい日々を送っている人も多いことでしょう。そんな多忙な日々の中で、子供と触れ合う時間は十分にとれていないと感じるお父さんお母さんは、7割に達するという調査結果も出ています。

この講座にご参加された、お父さん、お母さんが、休日に、今話題のプログラミングに親子で挑戦しながら、子どもと熱中する時間を持ち、子どもの成長を実感できる場になる事を願っています。

講座を通じて、このような気づき・体験も得られます。

・ロボットプログラミングを通じて、文科省が提唱するプログラミング的思考を実体験する
・プログラミングを通じて身につくスキルの一部を実感する
・正解が一つではない課題に対して、試行錯誤しながら挑戦する体験
・プログラミングの基礎(順次処理、繰り返し処理、条件分岐処理)について手を動かしながら理解することが出来る

持ち物は特にありません。ロボット・PCは全てこちらで準備します。

ご参加者は、手ぶらで大丈夫です。

世界中で使われているMakeblockの「mBot」をカスタマイズした当講座オリジナルモデルを利用

親子で熱中する体験のお供をするロボットは、「mBot」。

このMakeblock社が開発した教育用ロボットは、全世界30か国以上の小中学校やアフタースクールで、600万人以上が利用する、代表的なロボットプログラミング教材です。
当講座では、「mBot」の標準モデルを、講師が独自にカスタマイズした「オリジナルモデル」を利用して頂きます。

プログラムをするソフトウェアは、小学生でも直感的に理解できる「Scratch3.0」をベースにした「mBlock5」を利用します。ひらがな対応で、ドラック&ドロップだけで、プログラミングをすることが可能です。

参加対象 小学校3年生~中学校3年生までの親子ペア

・プログラミングの知識は無くて大丈夫です。

・小学校3年生~中学3年生のお子さん1名と、そのお父さん、又は、お母さんどちらか1名、親子2人一組
※上記以外の年齢のお子さんのご参加については、「問い合わせ」から、メールでご相談下さい。

・小学生・中学生のお子さんがいるお父さん・お母さん単独でのご参加も可能です。

・お父さんお母さんは、PCのマウス操作、簡単な文字入力(数文字程度です)が出来る

・お子さんに関してはPCの操作経験は不問ですが、マウス操作(ドラック&ドロップ程度)が出来るとより、
効果的な時間を過ごすことが出来ます。

開催日時

2019年12月15日(日曜日) 13時30分~17時30分
※本講座は13時30分~17時までですが、17時30分までは、自由にロボットを楽しむことが可能です。

開催場所

横浜関内駅徒歩3分 「夢・あいホール」
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内ビル9階

【最寄り駅】

JR根岸線 関内駅 徒歩3分
JR京浜東北線 関内駅 徒歩3分
ブルーライン 伊勢佐木長者町駅 徒歩4分
ブルーライン 関内駅 徒歩5分
京急本線 日ノ出町駅 徒歩10分
みなとみらい線 馬車道駅 徒歩11分
みなとみらい線 日本大通り駅 徒歩11分
ブルーライン 桜木町駅 徒歩11分
JR根岸線 石川町駅 徒歩11分
JR京浜東北線 石川町駅 徒歩11分

講座プログラム

本講座では、事前に「mBot」のオリジナルモデルを使い、
センサーの仕組みを学びながらロボットプログラミングに挑戦していきます。
STEP毎に、講師が、一つ一つのプログラムや動作について解説しながら進みますし、
親御様が一緒になって取り組んでいただけますので、
プログラミングが初めてのお子様も安心です。

STEP1、ロボットプログラミングとは
STEP2、ロボットを動かそう
STEP3、障害物を回避するプログラムを作ってロボットを動かそう
STEP4、ラインに沿って自動走行するロボットをプログラムしよう
応用編、ロボットハンドを使って、アイテムを移動させよう

詳細は、こちらのカリキュラムページをご参照ください。

受講料 ー 当講座にご満足頂けなかった場合は、全額返金致します! ー


通常受講料 5500円(税込み)

※開講記念特別受講料 ¥3850(税込み)

※万が一、当講座にご受講後、ご満足いただけなかった場合は、講座終了後にお申し出頂けたら 、当日に現金にて全額返金致します。安心してお申し込み下さい。

主催 「J-tinkering」

J-tinkeringは、「教室を持たないロボットプログラミング教室」です。
「親子」「学童・アフタースクール」「社会人」向けに、
ロボットプログラミング・STEAM関連の講座・イベントの企画・運営をしています。

「J-tinkering ホームページ」https://j-tinkering.com/
「親子ロボットプログラミング教室の紹介ページ」https://oyako-j-tinkering.com/

講師

■教室を持たないロボットプログラミング教室「J-tinkering」代表
荻原 裕(おぎわら ゆたか) 

【主な取り組み】
・親子向けロボットプログラミング、STEAM講座の企画運営
・社会人・企業向け ロボットプログラミング、テクノロジー事業開発の研修・講座の開催
・学童保育・アフタースクール向けプログラミング活動の企画・運営受託
・世界的ロボコン「MakeX」2019年の日本予選大会んにおける運営委員 兼 審判委員長
・STEAM教育縛りの勉強会「STEAMエルティ―」発起人
・Makeblockユーザーコミュニティ主宰


 

その他、各企業でのIoT関連のデバイス開発やIoTビジネス開発のプロジェクトマネジメント多数。
共著:IoTビジネス入門&実践講座 ーソシム出版 2016年ー

キャンセル規定

キャンセル料金は、講座開始日の8日前まで無料、それ以後は、講座料金の100%です。
※例)受講日が、11月17日の場合、11月9日までにキャンセル料金無料。

尚、キャンセルの際は、こちらのページを参照にして、peatix上でキャンセル手続きのご連絡をして頂くか、
講座担当:荻原 まで、メールでご連絡ください。
メールアドレス:ogi@j-tinkering.com